「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

TMOSもやりますよ

c0060469_15506100.jpg




不動のトモスも多いようですが・・・・・・
とりあえずタンクが錆錆、、ケミカル入れて放置、タンク自体固定で外れないので
そのまま丸洗い、、、、なんとか取れましたが、、、ガソリンコックはONに
なっていたためキャブ内部も乳化したガソリンOIL&錆でグチョグチョ
エンジン半降ろししないとキャブも外れません
予算内で修理不可能です(笑)
バリバリマシンに改造して売却するしかなさそうですねー ぺこり

c0060469_1550155.jpg




キタネー
c0060469_15503035.jpg




c0060469_15504110.jpg




[PR]
by smashhead2 | 2005-09-30 16:00

vespa50s Ⅸ

一応でけました。
今日は試走×試走で写真なしでゴメンナサイ
明日点火タイミングとポイントの調整すね
問題がまだまだ色々出てどの位で纏めるかって所です。
フルレストアと違って、予算が限られた中でする作業なので、多少のサービス
(ぜんぜん割りにあいませんが・・・)があったとしても、
見てみぬふりする部分は当然あります。(あかん部分は全て説明するけど)
今回はクランク コイツ(写真参照)はやり直した方がいいけど閉じる事となりました。

その他未解決の問題点をあげれば
1 タイヤの硬化 ホイールも開けてみたい
2 フロント周りOH(全部抜きたい)
3 ブレーキシュー交換(にリア)
4 ハーネスひき直し(どうにもテール関係の配線いいかげん)
  これが結構問題で外して繋いだ奴にしかわからんもん多いすね(笑)
5 電気系皆新品に換えたい(いたんどります)
6 キャブは大きいモノに変えたい
7 チャンバーとは何か・・・知らない奴が取り付けた!!!マフラーちゃうで!!
これに塗装したいを加えれば・・・・・・・・・おわかりですね。
[PR]
by smashhead2 | 2005-09-29 06:13

VESPA50S Ⅷ

c0060469_18582994.jpg


アウターケーブル等も引き出してみると・・・ドロドロ
でも予算の関係もあるし、インナーケーブルのみ今回は交換
でも近日アウターも交換した方がよろしいね。
まあ自分でも出来ない部分じゃないんで無駄な工賃払うなら自分でやりましょう。
10回ワイヤー交換したらエンジンOH出来ますよ

写真にはないんですが、とにかく取り付けの悪いチャンバーのそこらじゅうから
吹き返しが飛び散ってます。

これだけ車体内部が汚い車両も珍しいので、とりあえず付いてたチャンバーは
取り付けず、ノーマル改をノーマルマニで取り付けようと思います。

ペコリ



c0060469_185838100.jpg

[PR]
by smashhead2 | 2005-09-26 19:10 | BIKE

VESPA 50S Ⅶ 

c0060469_21175147.jpg



古いピストンも掃除してよくよく見ると傷が随所にございました。
ブログで公開させてもらってるんで(断りもなく)出血大サービスで新品装着!!
シリンダーも結構酷いんで(ドロドロ取りきれません)新品いれちゃいました。
ならしよろしく!!!
ということで、エンジン作業の80%は終了す
後は車体に組み付けてから、ポイントやら点火タイミングの調整ですな
クランクは高額なんでお客さんに確認後現状で組んじゃいました。
ガタとクリアランスは問題なし!!
修正は少々しましたが・・・・・・・
(ほんとはやり直したかったです)
あと問題点は取り回しで整備性の悪いチャンバーとエンジンここまで
やったのでキャブですかね。
JET類の確認まだなので何番入れてあるんでしょうか・・・



c0060469_2118184.jpg

[PR]
by smashhead2 | 2005-09-24 21:35 | BIKE

ちょいと一息

c0060469_21132010.jpg


ハーレーのメンテもチョロチョロ入りはじめました。
やっぱスポーツ多し・・・・
CVも飛ばす人だとアクセルワークについてこないすからねー
切り貼りよりも儲かりマへン(笑)
[PR]
by smashhead2 | 2005-09-24 21:16 | BIKE

VESPA 50S Ⅵ

c0060469_19125350.jpg



割りました。 ミッションOIL 鉄粉 かなり汚れとります。
あと液ガス塗りすぎでボルト&クランク内までゴム化しとりました。

洗浄して組みつけようかな・・・・・・とその時↓
c0060469_1913639.jpg

クランクの動きを見ようとグルグル回していると・・・・なんかいびつ
吸気タイミングを遅らせるためこの部分を1cm削るのは105ccボアUPの定番だけど
横から見ても段々で、何か可笑しい 少し内側テーパー状に削るのならまだ解るが
なんか凸凹しかも、反対側も傷つけちゃってます。
途中まで削って、、、失敗してやめちゃったんだろうか???
それとも僕にはわからない究極のチューニングなんでしょうか
疑問???

これぞ究極のチューニングだぜ!!というプロの方
コメント下さい(笑)
[PR]
by smashhead2 | 2005-09-22 19:36 | BIKE

VESPA 50S Ⅴ

 
c0060469_21212713.jpg

 あれれ、、見事に山が無くなったクラッチ、、滑りますねこれは、、、    


c0060469_212137100.jpg


前回の4枚クラッチの組み付けでもかなりコルク部分が残ってますね。
写真の新品の金属の地肌が見える位削って問題ないのでシコシコ削りましょう
c0060469_2121465.jpg


これが、ギアを変えた方のハウジング内部OILが循環するようにこのような作りに
なっております。そこで↑作業を完璧にやればさらにGOOD
c0060469_21215491.jpg

ノーマルハウジングとギアです。
VESPAの場合プーリー駆動ではないので国産よりこの辺りが大変ですね。
この部分を取り替えようとすれば、割らないかぎり外れないので
あまりオススメはしません 75ccであれば上のギア交換でなんとか対応効くので
街乗りであれば十分じゃないでしょうか・・・耐久性も高いし
国産ブッチギリたい人はこの後まだまだ色々出てきます。
この車両の場合クランク加工まではされていないようです。
あと、ここまで手が入れてあるのでBIGキャブ化で
ずいぶん、変わると思いますが、それはご相談ですね(笑)






[PR]
by smashhead2 | 2005-09-21 21:57

VESPA 50S Ⅳ

c0060469_21291255.jpg



まあ、結構走ってれば普通のレベルのカーボン付着量
シリンダー&ピストンも友人のbaddさんのFL程ではありません!!
(すいません内輪ネタです。)
しかし、LEDライトで奥を覗くと真っ黒い物が見えます。
チャンバーのスタッドがかなり緩んでいたので吹き返したOIL等吸ってますな
ポート内もコッテリと黒いネバネバが付着
○割決定が確定いたしました。 たぶん腐ったミッションOILも固まってます。
クランクのガタも特にありません、が念のため割ってみましょう
あとですね。ギアが交換してあるということは一度割ってあるわけですが、、、
エンジンケース自体にもバリがあるんで折角割るなら削りましょう
これ僕らはリューターで削るんですが、名古屋のVESPA専門店
SUGIURAの大将は小刀と彫刻等で削るという左甚五郎のような
テクニックを持っておられます。 余談はさておき
ガスケットとのマッチングもイマイチでした。 ボアUPした意味が御座いません
HEADもバリ多くたぶんKITそのまま PON 付けですね。
この辺りのテクニカルは昔株式の飯島愛大好きNIWATA大先生がHPで公開
されておりましたが、最近オシャレなHPになったので、、まだ見れるのかな?
エンジン内部の惨状はlinkのKBさんのHPにも詳しく紹介されているので
見てくださいまし ぺこり 

c0060469_21292597.jpg
[PR]
by smashhead2 | 2005-09-18 22:07 | BIKE

VESPA 50S Ⅲ 

c0060469_15185522.jpg


ブレーキドラム外していきますが、、
あれだけ洗ったのに、、、中はドロドロよ ってな具合です。

c0060469_1519799.jpg



クラッチのカバーを開けてみると大きな傷が!!!
こいつはお客さんのメンテ不良ではなく 組み付け時に仮組みせずそのまま
始動させちゃったせいです。
ギアは105ボアUPに合わせて組み込んでありますが、そのままポン付けだと
ハウジングもカバーに当たります。50Sのクラッチカバーは上下のクリアランスに
余裕あるので仮組して当たらない位置で組むか、カバーを削りましょう
ミッションOIL抜いた時に金属スラッジ沢山出たのはこれのせいだったのね、、、、
クラッチ新品組み込み時にカバーを削ります。


c0060469_1522015.jpg




[PR]
by smashhead2 | 2005-09-18 15:38

VESPA 50S Ⅱ

c0060469_19235647.jpg



一応 ここまでは綺麗にします。
この後各所を分解、個別に洗浄していきます。
ガソリンタンクもOH 少し錆が出ていたのでコーティング、、綺麗です。
キャブは特に乳化もなく軽い汚れでしたので各部を洗浄
ワイヤー類は全て解れが出ていたため切断交換ですね。
チャンバーはこれだけ吹いてるって事は詰まりアリと見たほうが良いでしょうね
写真にはありませんが、外したボルトは全て10mmがオイルと泥で13mmくらいに
なってます。 これも再度組み付け時に洗浄して取り付けましょう
VESPA修理の第一歩は洗い、洗え 笑え です。(失礼)

c0060469_1924734.jpg



c0060469_19241721.jpg



[PR]
by smashhead2 | 2005-09-17 19:36 | BIKE